紺野まひる

紺野まひるのページを説明

SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

紺野まひるにようこそ!

紺野まひるについてまとめました。どうぞご活用くださいませ。


■当サイトのカテゴリ
画像/ ブログ/ /

紺野まひるのとっておきな情報を特集いたしました。


■当サイトの目次

紺野まひる

紺野まひる 『キミ犯人じゃないよね?』(きみはんにんじゃないよね)は、2008年4月11日から同年6月13日までテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ枠で放送された貫地谷しほり主演のテレビドラマなのね。 ^^;


紺野まひる

紺野まひる モンスターペアレント (Monster parent) とは、学校に対して自己中心的で理不尽な要求を繰り返す保護者を意味する和製英語であるのね。^^;


紺野まひる

紺野まひる 子猫の涙 負けん気と度胸の良さで、アマチュアボクシング界のチャンピオンに君臨した森岡栄治は、1968年メキシコオリンピックで銅メダルを獲得してるのね。^^;


紺野まひる

『県庁の星』(けんちょうのほし)は、桂望実の小説なのね。 小学館より発刊のね。2005年に漫画化、そして2006年に映画化されているのね。Y県庁の産業振興課に勤める県庁の星の野村聡は、Y県職員人事交流研修で民間のスーパーに派遣されるのね。^^;


紺野まひる

紺野まひる 大阪府豊中市出身なのね。 4歳からクラシックバレエを始めるのね。 左利きなのね。 1994年に宝塚音楽学校に入学したのね。^^;

紺野まひる

紺野まひる

『キミ犯人じゃないよね?』(きみはんにんじゃないよね)は、2008年4月11日から同年6月13日までテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ枠で放送された貫地谷しほり主演のテレビドラマなのね。

略称は『キミハン』のね。記憶力は抜群だが、勉強は苦手な小説家志望の森田さくらは、持ち込み原稿を見てもらった売れっ子作家の付き人をしながら、作家の卵を続けていたのね。

ある日その売れっ子作家が殺され、第一発見者として現場に居合わせたことで、親戚関係が官僚や政治家だらけの坊ちゃん刑事・宇田川教生と知り合い、捜査の手伝いをさせられることにのね。


貫地谷演じる推理作家の卵・森田さくらと、要潤演じるイケメンセレブ刑事・宇田川教生の凸凹コンビが、巧妙なトリックに挑む推理コメディのね。

殺人事件が発生し、宇田川とバイトで雇われたさくらが共に捜査を進め真犯人を突き止めるというストーリー展開なのね。

その真犯人は、毎回必ず宇田川が惚れた(作中では「もってかれた」と呼称)女性という、従来の推理ドラマの体裁をとった倒叙型のミステリーとなっているのね。

さくらを演じる貫地谷が多様なコスプレをするのも特徴であるのね。

本作のメイン脚本家である林誠人は、『ケータイ刑事 銭形シリーズ』でもメイン脚本家であり、同シリーズのパロディは多く用いられ、第5話における宇宙人に会うための呪文「ベントラ、ベントラ、スペースピープル」は『ケータイ刑事 銭形泪』の第2話で使われた設定と同じであり、鑑識課員の柴田太郎はケータイ刑事シリーズに出演した同名の人物がそのまま登場しているのね。

また、第4話において「ささやき刑事」が言った「匂う、悪の香り」という台詞は『ケータイ刑事 銭形愛』のキメ台詞そのままであるのね。

『ちりとてちん』に続く貫地谷の連続ドラマ出演作のね。また貫地谷はこのドラマで民放ドラマ初主演を務めるのね。

キャッチコピーは「バイトで刑事(デカ)しちゃだめですか?」のね。

奇しくも2008年4月クールで放送された同局の連続ドラマは、すべて殺人事件の真犯人を追及する内容のサスペンスや推理コメディーとなったのね。

女性の方でバストにお悩みと方に朗報です。

http://www.ssnfh.net/e.htm

「タイムスリップ」させたかのように自然に大きくする方法があります。

この方法で大きくなった胸は元に戻ることはありません。

もちろん副作用の無しの安全な方法です♪

こちらです♪

http://www.ssnfh.net/e.htm


 調布空港 / 大友康平/紺野まひる/豊原功補 調布空港 / 大友康平/紺野まひる/豊原功補
¥3,179円(税込)送料別 カード利用可

メーカー名日活(株)タイトル調布空港アーティスト大友康平/紺野まひる/豊原功補品名/規格番号DVDDVN 163 (00000723578)ディスク枚数1枚発売日07/08/24コメント家を出た妻を追うタクシー・ドライバー、父危篤に焦るエリート・サラリーマン、遠恋中の恋人と連絡が取れなくなった女性。彼らの人生が調布空港で交わるさまを、大友康平、紺野まひるの共演で描いたハートフル・ドラマ。製作総指揮:江口誠 プロデューサー・脚本:仙頭武則 監督・脚本:今村悦朗 監修・企画:秦建日子 脚本:白石まみ/木下草介/酒井雅秋 撮影監督:長田勇市 美術:丸尾知行 音楽:近藤昭雄 出演:大友康平/紺野まひる/豊原功補/神谷涼太/大河内浩/川端竜太/清田正浩/正名僕蔵/小林きな子/石井里弥/藤岡麻美/尾上康代/七海智哉/徳永笑美里/ふるけいこ/奥山眞佐子/滝佳保子/竹井洋介/ヒロミ/石井明美/いしのようこ/草村礼子〈映像特典〉予告編/メイキング映像\[画]ビスタ [音](5.1)▼いっしょにおススメ商品▼DVN-163  
さらに詳しい情報はコチラ≫



SponsoredLink

| 画像

紺野まひるの紺野まひるのリンクについて

紺野まひるの紺野まひるのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。

>>[次]紺野まひる
紺野まひるのTOPへ
"紺野まひる"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。